ワン・プロジェクトを創るための発想術(第5号)

★☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワン・プロジェクトを創るための発想術

第5号:令和元年5月29日発行
http://www.1project-support.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★★★

1.第2回課題を出します!
2.スマートノート「5行日記」
3.あとがき「見えざる恐怖」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末から今週初めは、トランプ大統領が
話題の中心でした。安倍総理とのゴルフ、
大相撲観戦、居酒屋での非公式食事会、
新天皇陛下との謁見と宮中晩さん会、
そして日米首脳会談。いろいろありました!

安倍総理の外交力でアメリカとの関係が良好
であるのは良いことだと思います。世界情勢の
急激な変化に対応するためにも、この関係性を
継続していく必要がありますね。

では、メルマガをスタートします!

 

【 1.第2回課題を出します! 】

今回もワン・プロジェクト(独自性のある唯一
の新規事業や起業等)のコアになる3つの要素
(A:誰に対して、B:何を、C:どのように)の
中から、ひとつを提示して、残りを考えて
みてください。では、第2回のお題を提示
します。

A:40代後半から50代後半の未婚の
  男性サラリーマン

前回と同じで今回もAを出しました。なので、
対応するBとCを考えてみてください。いくつ
作ってもOKです。まずはBとCを簡単な短文で
表現して、余裕があれば、その意図を文章化
してください。

今回のお題、サラリーマンという属性が
なければ、私も当てはまります。私の周りを
見てもAに該当する方がけっこう多いです。
ですから、Aに対応する商品・サービスの
需要を考えるのは重要になりますね。

私が考えた答えは7号で発表します。2週間
ありますので、もし面白いアイデアが出た
時には、是非私あてにメールしてください!

 

【 2.スマートノート「5行日記」 】

今回からスマートノートの書き方を解説して
いきます。本の内容に沿っていますが、
私なりに実践したことも交えています。

まず、スマートノートには7つのフェーズ
(段階)があります。

第1フェーズは「5行日記」
第2フェーズは「行動採点」
第3フェーズは「毎日いち見開き」
第4フェーズは「見せてお話」
第5フェーズは「臨界突破」
第6フェーズは「知識→教養→見識」
第7フェーズは「世に出る」

今回は第1フェーズの「5行日記」について、
簡単にレクチャーします。やり方は簡単です。
1日5行、その日やったことを書くだけです。

キャンパスノートのB罫を用意してください。
見開き2ページを使います。行数が35あります
ので、両面ともに5行ずつ線をひきます。
5行日記なので、1週間分となります。

そして見開きの右サイドを使って書いて
いきますが、名刺と動詞の簡単な文章だけで
OKです。

例えば、1行目に7月8日(日)と書き、同じ行に
やったことを「名刺と動詞」で書きます。
2行目~5行目も「名刺と動詞」で。

私の場合ですが、

7月8日(月) ホームページを修正した。
      本を読んだ。
      チャーハンを作った。
      セミナーに参加した。
      テレビの録画を見た。

というような感じですね。これで右サイドは
終了です。左サイドは右サイドで書いたこと
への感想、反省、出来栄え、連想したこと等を
書いていきます。私は対になる形でそれぞれ
1行を使って感想や反省を書いていきました。

著者曰く、左サイドの感想、反省、出来栄え、
連想したことなどは、無理に書く必要はない
とのこと。また、左サイドに買い物メモ、
見たい番組、本のタイトル等々、何を書いても
いいそうです。悩みや愚痴もOK(笑)。

勿論、全部空白でも構いません。最低限、
右サイドに毎日5行書いていきます。

ウソを書かないこと、書いた後は忘れること、
これらが注意点になります。このような形で、
まずは1週間続けてみてください!

 

【 3.あとがき「見えざる恐怖」】

連載5号にして、見えざる恐怖を感じて
います。それは「ネタがなくなること、
そしてネタがあっても書けなくなること」
です。創刊するかどうかで悩んだことは、
正しくこの2点でした。こんなに早く恐怖を
感じるとは思ってもみませんでした。

カテゴリーの違いはあっても定期的に文章を
書いて配信する方々は、皆さん同じ悩みを
抱えていると思います。さらに言えば、
このメルマガは「ワン・プロジェクトを創る
ための発想術」という看板を掲げていることも
悩みに輪を掛けているのです。

「あなたが持っている発想術を使ってネタを
考えれば?」というようなご意見も出てくる
かと。はい。そのとおりです。ネタは出て
くるのですが、記事にならないモノが多いのが
実情なのです。

私なりに考えた悩みの解消法はただひとつ。
それは行動することです。

いろいろなところに行って話しを聴き、
情報を整理してコンテンツをつくる。それを
メルマガ用に加工して読者に届ける。結局、
これしかありません。

これ以外にも私のアンテナに引っ掛かった
情報はノートに記録して、自分なりの視点を
加えてメルマガの「あとがき」で発表する。
本音を言えば「あとがき」をつくるほうが、
メインよりも苦労することもあります。

ただ、これを書いていると見えざる恐怖は
スッーと消えていきました。人の意識という
のは面白いものですね。

 

=======================================

天満橋クリエイティ部 第1回 部活動
「紙袋でアイデアを創る!」
詳しくは以下のURLをクリックして下さい。
http://www.1project-support.com/seminar/index.php

=======================================

「陸王から学ぶ新規事業の立ち上げと実行
プロセス」をキンドルで無料配信しています。
詳しくは以下のURLをクリックしてください。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07RN8L5FL

=======================================

「新規事業のアイデアをつくる方法」をキン
ドルで無料配信しています。詳しくは以下の
URLをクリックして下さい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07HYBVY5M

=======================================

「名刺交換後、繋がりを継続する方法」をキン
ドルで有料配信(100円)しています。
詳しくは以下のURLをクリックして下さい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NXPQTYX

=======================================

メルマガのバックナンバーは以下のURLを
クリックしてご覧ください。
http://1project-support.com/wp/?cat=7

=======================================

オクムラ経営コンサルティングオフィス
メルマガ編集部
発行人:中小企業診断士 奥村政治

〒540-0034 大阪市中央区島町2-2-3
サンハイム天満橋402
TEL:06-6920-3191 FAX:06-6920-3192
メール:info@1project-support.com
http://www.1project-support.com

=======================================